あざのレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科 名古屋

「あざ治療専門医」の「生まれつきあざ」があっても大丈夫!ブログ|運営 西堀形成外科

キズの相談に来られる患者様2

2015/11/11

こんばんは、院長です。
キズの相談に来られる患者様の続きです。

1)キズは深いか浅いか瞬間で跡がのこるかどうか決まる
2)キズは愛護的に扱う 極力縫合してあげる
と来ましたので次の題目です。
3)キズ→傷跡の変化 3ヶ月目が一番ひどい 赤みが強い!です。キズが残り気になっていたところ赤みが増して盛り上がってきました・・・というのは常に起こるケースです。
・赤みは個体差 個人差 深さで決まる
・盛り上がりは1ヶ月ぐらい過ぎてから急に?と感じたら徐々に盛り上がってきた。そしたら痒み 固さがました・・・3ヶ月から6ヶ月がピークそのあとだんだん減少するパターンと遺残して盛り上がりがひどくなるパターンとがある。
・傷跡も愛護的に扱う 局所安静のためのテーピングが必要 装具作成も一手。
・遮光は基本 紫外線に当たると赤くなる 茶色くなる
ということをいつもお伝えしています。
極力キズあとを大事にしてあげてください。

プロフィール

 47歳 男性(先日1歳増えました) 
趣味:読書(歴史文学、現代史、戦国史)最近は息子と「関ヶ原」にはまっています。学生時代は野球部、主将を務めました。チームメイトのおかげで成績はまあまあ?今一番行きたいのは長島の遊園地。新型コースター「アクロバット」に乗りたいです。(2015年乗車済)最近やりたい事は元上司の教授から勧められたうどんうちです。 座右の銘   ざ22
 
<<2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事

あざ治療の専門クリニック 西堀形成外科 医療レーザー脱毛ImgLS5.jpg

このブログを購読

Copyright © 2014 西堀形成外科 All Rights Reserved.