あざのレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科 名古屋

「あざ治療専門医」の「生まれつきあざ」があっても大丈夫!ブログ|運営 西堀形成外科

血管腫の治療 レーザー後の紫斑形成(purpura)

2017/03/01

こんばんは 院長です
最近なにかと話題の紫斑形成についてお話しします。
Vbeam2が発売されてから6,7年、昨年夏に保険適応となりました。
紫斑形成が少ない事で有名なのですが 果たして紫斑ができないのが本当によい治療なのでしょうか、紫斑が出た方がいいのでしょうか
下に実験を示します。
Veam2が左側で Vbeam1が右です
赤いレーザ痕の赤みが強いのが右側Vbeam1です。
赤みが低いのがVBeam2です。
サブパルス4回と8回という特殊な技術で回数を分けて熱をいれるので紫斑ができにくくなりました。
紫斑が出来なくとも充分熱量が到達しています。

WS000024.JPG
















Photo courtesy of Dr. Brian Zelickson
しかし 実際は紫斑ができたほうが良いか悪いかまだまだ不明です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
生まれつきあざ 赤ちゃんのあざ 治らないあざ 
レーザー・あざ治療・赤あざ 青あざ 茶あざ 黒あざ あざ 
レーザー治療のご相談

名古屋のあざ治療・レーザー治療のご相談は西堀形成外科・麻酔科・皮膚科へ!

西堀形成外科・麻酔科・皮膚科は、名古屋駅から東山線、藤が丘駅より
徒歩1分です
(052)769-4800


プロフィール

 48歳 男性 
趣味:読書(歴史文学、現代史、戦国史)学生時代は野球部、91医歯薬リーグ首位打者。今一番行きたいのは遊園地、娘とダンボに乗るのが大好きです。最近やりたいのは元上司・教授に勧められたうどん打ち、ですが全然時間がありません。
 
<<2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事

あざ治療の専門クリニック 西堀形成外科 医療レーザー脱毛ImgLS5.jpg

このブログを購読

Copyright © 2014 西堀形成外科 All Rights Reserved.