あざのレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科 名古屋

「あざ治療専門医」の「生まれつきあざ」があっても大丈夫!ブログ|運営 西堀形成外科

皮下型の乳児血管腫 いちご状血管腫のレーザー治療

2015/04/29

こんばんは 院長です。
乳児血管腫の顔面に出来る症例には 前額部 耳下腺部 鼻部 口唇部 どこにでも出来やすいものです。
昔から「Wait & See」ポリシーで腫脹が引いていくと言われていますが、たまに遺残してしまいます。
脂肪の塊となってのこり 成長してから切除する症例をしばしば見ました。
最近はレーザー治療が発達、βブロッカーも励行して内服していますので少なくなったのですが
まだまだ症例は多いです。

WS000139.JPG









症例は、レーザー照射とステロイドの適宜局注を行い治療を継続しました。
3年程度かかりましたが、小さくなって今では問題なく人からも気づかれない様です。
治療の判断は、積極的に行うか、保存的に経過見るか迷うところですが本症例はうまく小さくなってよかったです。

以下お母様の手記です。
 

 目の間、顔の中心に「いちご血かんしゅ」があり、やや青くなっていたため目立っていた。

人に会うと「あれ~、ゴツンしちゃた?」と必ず聞かれた。泣くと、ふくらみ、特に目立つ状況

であった。成長と共に、さらに大きくなる可能性を感じたため、0歳児~治療を始めた。

 レーザーを打つと、1日~2日は、普段よりも、少し膨らんだように見え、最初は不安であった。

子供には、若干の痛みがあるようで、必ず泣いた。ただし、すぐに痛みは消えるようで、その後泣くことはなかった。 

 数回の治療の途中で、注射も行ったが、打ったあとは、とても膨らむので、心配であったが、この注射をきっかけに、その後、大幅に膨らみや色も減った。12ヶ月に1度の通院で、待ち時間が301時間程度であったため、負担もなかった。感謝している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生まれつきあざ 赤ちゃんのあざ 治らないあざ レーザー・あざ治療・赤あざ 青あざ 茶あざ 黒あざ のご相談

名古屋のあざ治療・レーザー治療のご相談は西堀形成外科・麻酔科・皮膚科へ!

西堀形成外科・麻酔科・皮膚科は、名古屋駅から東山線、藤が丘駅より徒歩1分です
(052)769-4800



プロフィール

 47歳 男性(先日1歳増えました) 
趣味:読書(歴史文学、現代史、戦国史)最近は息子と「関ヶ原」にはまっています。学生時代は野球部、主将を務めました。チームメイトのおかげで成績はまあまあ?今一番行きたいのは長島の遊園地。新型コースター「アクロバット」に乗りたいです。(2015年乗車済)最近やりたい事は元上司の教授から勧められたうどんうちです。 座右の銘   ざ22
 
<<2015年4月>>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新記事

あざ治療の専門クリニック 西堀形成外科 医療レーザー脱毛ImgLS5.jpg

このブログを購読

Copyright © 2014 西堀形成外科 All Rights Reserved.