あざのレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科 名古屋

「あざ治療専門医」の「生まれつきあざ」があっても大丈夫!ブログ|運営 西堀形成外科

レーザー治療で良く聞かれる事① レーザー中の「眼球保護」

2015/10/05

こんばんは、院長です。
レーザー中に良く聞かれることを順にアップしていきますね。
目の近くのあざ、例えば 赤あざが両目の上に生まれつきある、黒あざが目の上瞼、下瞼に連続してある、青あざがおでこから眼瞼ほっぺにかけて広範囲にある、茶あざがつぶつぶ眼瞼周囲に存在しているなどです。
基本的に目の際までは通常のアイガードでシール「ぺったん!」と貼って保護します。
目の際の際まではなかなか危険でレーザーを照射出来ないこともあります。
私の左手で目をガードして打つこともしばしば、なるべく光が入らないように丁寧に照射します。
それでも照射できない、そんなときは(下記)のアイガード コンタクトシェルなど特殊な器機を用いて眼球保護をいたします。
成人は簡単にできます。まずベノキシールという目専用の点眼麻酔を用います。5~10分で効果がありますのでその後コンタクトシェルなどで眼球の表面をコンタクトレンズ装着のように保護します。
7,8歳以降のお子様でも出来る子は出来ます。大きさは3種類あります。
赤ちゃんはむりかもしれないですね、

赤ちゃん 幼児はどうするか?
あるていどまではアイガードでシール「ぺったん!」です。
これ以降危険な場所と判断すれば やはり
「全身麻酔」になることが多いです。
際まではレーザーでアザを攻めますが 危ない場所までは 院長でもせめきれません。
局部麻酔の注射であるていど際の際は攻められますが 本当の際まではいけませんね。
そんなときはご両親に「全身麻酔」を承諾していただきます。
そして動かない状態でレーザー照射を キレイに行います
全身麻酔の危険性 繰り返しについてはまた後日

お子様のあざ 心配ですが なんとか薄く 何とか消えるように努力しますので頑張りましょう!
↓眼球保護のあれこれ
すべて当院では準備があります
すべてに 光を反射しないようにアルミが入ったり とか 光の透過性をなくす表面の工夫があります
6.JPG



















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生まれつきあざ 赤ちゃんのあざ 治らないあざ レーザー・あざ治療・赤あざ 青あざ 茶あざ 黒あざ あざ レーザー のご相談

名古屋のあざ治療・レーザー治療のご相談は西堀形成外科・麻酔科・皮膚科へ!

西堀形成外科・麻酔科・皮膚科は、名古屋駅から東山線、藤が丘駅より徒歩1分です
(052)769-4800




 

この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.aza-nishihori.com/mt/mt-tb.cgi/143

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

プロフィール

 48歳 男性 
趣味:読書(歴史文学、現代史、戦国史)学生時代は野球部、91医歯薬リーグ首位打者。今一番行きたいのは遊園地、娘とダンボに乗るのが大好きです。最近やりたいのは元上司・教授に勧められたうどん打ち、ですが全然時間がありません。
 
<<2015年10月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

あざ治療の専門クリニック 西堀形成外科 医療レーザー脱毛ImgLS5.jpg

このブログを購読

Copyright © 2014 西堀形成外科 All Rights Reserved.