あざのレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科 名古屋

「あざ治療専門医」の「生まれつきあざ」があっても大丈夫!ブログ|運営 西堀形成外科

副耳(軟骨母斑)の手術摘出

2015/10/07

手術(摘出手術)でおこなうか 糸で縛る(結紮法)か沢山の相談を受けるのがこの副耳です。
院長は「手術」をお勧めします。
理由は施術後にdimpleができないからです。
結紮法は後が「もこっ」として膨らみが気になると結紮法をされたお子様のお母様から沢山聞きました。
なぜもこっとするかというと 副耳のベースには(軟骨)があるからです。
それを取り切らないともこっとしてしまいます。
なので今はほとんど結紮法はしません。(希望があれば年に2,3例ほどしてます)
押さえつけのオペか全身麻酔になりますが、作業としてはキレイです。
オペの場合は抜糸が必要です。

                              ↓結紮法はdimpleが残る
WS000002.JPG



WS000001.JPG

















軟骨母斑「副耳」の説明↓
あざの一種である副耳(軟骨母斑)は、耳の穴の前やほほに皮膚におおわれたイボ状のできものとして現れます。
片方の耳の前に一個だけあることがほとんどですが,時には両方にあったり複数個ある場合もあります。また顔以外にも首のあたりに見られることもあります。頬部の場合は隆起せず臍状に陥没したり、他の奇形(口蓋裂、下顎低形成)に伴うこともあります。副耳(軟骨母斑)の大きさは様々であり、ゴマ粒程度のものからかなり大きなダイズ大のものまで多岐に渡ります。発現頻度としては、出生1000人中15人程度にみられるとされておりそれほどめずらしい病気ではありません。
http://www.aza-nishihori.com/80025/

WS000000.JPG













生まれつき両耳に副耳で1歳過ぎてから手術をしました。

手術に関してはそこまで不安はありませんでしたが、全身麻酔に少し不安でした。

手術後は特に何も異常なく傷あともきれいです。

手術前の絶食が、まだ1歳だったので大変でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生まれつきあざ 赤ちゃんのあざ 治らないあざ レーザー・あざ治療・赤あざ 青あざ 茶あざ 黒あざ あざ レーザー のご相談

名古屋のあざ治療・レーザー治療のご相談は西堀形成外科・麻酔科・皮膚科へ!

西堀形成外科・麻酔科・皮膚科は、名古屋駅から東山線、藤が丘駅より徒歩1分です
(052)769-4800




 

この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.aza-nishihori.com/mt/mt-tb.cgi/145

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

プロフィール

 47歳 男性(先日1歳増えました) 
趣味:読書(歴史文学、現代史、戦国史)最近は息子と「関ヶ原」にはまっています。学生時代は野球部、主将を務めました。チームメイトのおかげで成績はまあまあ?今一番行きたいのは長島の遊園地。新型コースター「アクロバット」に乗りたいです。(2015年乗車済)最近やりたい事は元上司の教授から勧められたうどんうちです。 座右の銘   ざ22
 
<<2015年10月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

あざ治療の専門クリニック 西堀形成外科 医療レーザー脱毛ImgLS5.jpg

このブログを購読

Copyright © 2014 西堀形成外科 All Rights Reserved.