あざのレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科 名古屋

「あざ治療専門医」の「生まれつきあざ」があっても大丈夫!ブログ|運営 西堀形成外科

  • ブログトップ
  • ダーモスコープ診断の新兵器 レンズの先にモジュールをつけて毛細血管も明確に撮影

ダーモスコープ診断の新兵器 レンズの先にモジュールをつけて毛細血管も明確に撮影

2015/10/10

ダーモスコープ診断の新兵器を購入しましたので紹介いたします

・・・

良性か?悪性か?の診断

一般の方には、黒いできものが「良性」なのか「悪性」なのかを判断するのは難しいと思います。

悪性と疑われる皮膚の黒いできものは、 

・左右非対称

・できものの境界が不明瞭・不均一

・色が均一ではなく、濃淡にムラがあるもの

・毛細血管が浮き出たり、出血しやすいもの

・辺縁がでこぼこ

・隆起しているなど

といった特徴があります。見た目の判断は大事です。ある程度の経験のある医師が見れば、ほぼ診断はできると思います。

 

院長は大学病院、中京病院など、総合病院で皮膚悪性腫瘍の治療に携わってきました。見た目の診断は、ほぼ間違いないと考えています。しかし、診断が不安な場合は、高性能なデジタルカメラで常に撮影し、その画像データを大学病院や皮膚癌専門医師に相談しています(できものに関しては、どんなできものでも、いつもデジカメで撮影しています)また、最新のダーマスコープで黒いできものをデジカメで撮影し、拡大写真を撮り、診断に役立てています。ダーマスコープには最近かなり慣れてきていますので診断によく活かされています。

 ある程度見た目で判断したのち、少しでも悪性の疑いがある場合は、念のため病理検査に提出して確定診断をお願いしています。 それでも疑いがある場合は、プレパラート(加工したできものの検体)で、愛知医科大学病理部・原先生のもとに出向き検体の診断を直接聞いております。その後、すぐにその結果を患者様にお伝えし、早期治療ができるよう心がけています。過去に皮膚癌と分からず、まあ心配だから病理検査に出しましょうと出したものが皮膚癌の診断をされたことがありました。そのような経験から病理診断は非常に大事だと考えています。

↓基底細胞上皮腫の様々な形です

WS000000 (2).JPG















↓ダーマスコープの新兵器 レンズの先にモジュールをつけて毛細血管も明確に撮影できるようです。
  さらに診断度アップ!

IMG_5597.JPG















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生まれつきあざ 赤ちゃんのあざ 治らないあざ レーザー・あざ治療・赤あざ 青あざ 茶あざ 黒あざ あざ レーザー のご相談

名古屋のあざ治療・レーザー治療のご相談は西堀形成外科・麻酔科・皮膚科へ!

西堀形成外科・麻酔科・皮膚科は、名古屋駅から東山線、藤が丘駅より徒歩1分です
(052)769-4800











 

この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.aza-nishihori.com/mt/mt-tb.cgi/148

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

プロフィール

 47歳 男性(先日1歳増えました) 
趣味:読書(歴史文学、現代史、戦国史)最近は息子と「関ヶ原」にはまっています。学生時代は野球部、主将を務めました。チームメイトのおかげで成績はまあまあ?今一番行きたいのは長島の遊園地。新型コースター「アクロバット」に乗りたいです。(2015年乗車済)最近やりたい事は元上司の教授から勧められたうどんうちです。 座右の銘   ざ22
 
<<2015年10月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

あざ治療の専門クリニック 西堀形成外科 医療レーザー脱毛ImgLS5.jpg

このブログを購読

Copyright © 2014 西堀形成外科 All Rights Reserved.