あざのレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科 名古屋

「あざ治療専門医」の「生まれつきあざ」があっても大丈夫!ブログ|運営 西堀形成外科

いちご状血管腫・赤あざ 局面型 レーザーを照射しない例 照射した例

2016/03/15

こんばんは、院長です。
いちご状血管腫、放置しても薄くなりにくいタイプがあります。
①腫瘤型は赤みが引きにくくシコリが残る可能性があります
②局面型の大きめのタイプは赤みが引きにくくシコリも多少のこるかもしれません。
③局面型の薄めのタイプは赤みが引いてシコリは残る事がほとんどありません。
④つぶつぶ点在性に存在するタイプは生後数ヶ月から3年以内に消失するかも。
今回の提示は③のタイプでレーザーすることに迷ったらご参考下さい。

レーザー照射無しの場合↓
4歳の現状、少しずつ薄くなっているのがわかります。かなり薄くなりましたが遺残あり。
WS000230.JPG







レーザーを毎月照射した場合↓
半年ぐらい毎月レーザー照射を行い4,、5ヶ月目には消失したようです、3歳の現状はどこだかよくわかりません。
WS000231.JPG







小さないちご状血管腫は気にならなければレーザーをしなくても徐々に薄くなります。
かかりつけの小児科で「自然に消えるよ」をいわれて、遺残してしまった症例が20年前には多くの症例があり、20数年前から小児科医や産婦人科医に形成外科医師が啓蒙して来ました。最近では早期にレーザーを照射するので酷く遺残する症例はまれです。
1の写真を見ていただくように 小さないちご状血管腫も4,5歳ぐらいまでは完全に消えていない事が多いようです。存在する場所にも体質にもよりますが、早く薄くなり、分からなくしたい場合は2の場合の様にレーザー照射もよいかと思います。お父様お母様方の気になる悩みを一つでも早く解消できればそれに超したことはありません。
このような症例のレーザー治療の是非はご両親の判断にゆだねています。はやく薄くしたい、きれいにしたい時はレーザーをお勧めしています当院まで相談ください。
良い効果 良い未来を期待できます。
院長
・・・・・
生まれつきのあざ 赤ちゃんのあざ 治らないあざ レーザー治療・あざ治療のご相談
名古屋のあざのレーザー治療は西堀形成外科・皮膚科・麻酔科へ!


この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.aza-nishihori.com/mt/mt-tb.cgi/231

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

プロフィール

 47歳 男性(先日1歳増えました) 
趣味:読書(歴史文学、現代史、戦国史)最近は息子と「関ヶ原」にはまっています。学生時代は野球部、主将を務めました。チームメイトのおかげで成績はまあまあ?今一番行きたいのは長島の遊園地。新型コースター「アクロバット」に乗りたいです。(2015年乗車済)最近やりたい事は元上司の教授から勧められたうどんうちです。 座右の銘   ざ22
 
<<2016年3月>>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新記事

あざ治療の専門クリニック 西堀形成外科 医療レーザー脱毛ImgLS5.jpg

このブログを購読

Copyright © 2014 西堀形成外科 All Rights Reserved.