あざのレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科 名古屋

「あざ治療専門医」の「生まれつきあざ」があっても大丈夫!ブログ|運営 西堀形成外科

粘液嚢胞ねんえきのうほう・口腔粘液嚢腫こうくうねんえきのうしゅ

2016/08/29

こんばんは院長です。
なおらない口内炎?かとおもいしばらく様子をみていましたが、変化の無い唇のできものは唾液腺だえきせんの腫瘍かもしれません。
WS000106.JPG









唾液は大唾液腺と小唾液腺からでるものでこの疾患は小唾液腺か

ら発生するものです。

小唾液腺は唇のいたるところにある小さな分泌腺です。それが腫瘍

性に増殖した良性腫瘍のことをいいます。


治療はレーザー照射やメスで切除を行います.

私は唾液腺の腫瘍はレーザー治療でよいと考えています。

しかし根っこが残って再発をくりかえすものは切除と考えます。

WS000107.JPG
































口内炎だと思っていた物が治らず、痛みはなかったのですが、食べ

物があたったりしゃべったりする時にひっかかり不安で先生の所に

そうだんしに来ました。レーザーをしていだき、
3日ほどで気にしない

で食事ができるようになり、手術後も思っていたほどいたくなく安心

しました。皮フに何かできたり、不安な事はいつも先生に見てもらっ

ています。キレイに治るし、説明もキチンとしてもらえるので通ってよ

かったといつも実感しています(お母様より)


・・・・

あざのレーザー治療 あざの手術治療 難治性のあざのレーザー治療は


西堀形成外科へご相談下さい 

愛知県名古屋市名東区藤が丘141藤が丘駅前ビル3階



この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.aza-nishihori.com/mt/mt-tb.cgi/261

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

プロフィール

 48歳 男性 
趣味:読書(歴史文学、現代史、戦国史)学生時代は野球部、91医歯薬リーグ首位打者。今一番行きたいのは遊園地、娘とダンボに乗るのが大好きです。最近やりたいのは元上司・教授に勧められたうどん打ち、ですが全然時間がありません。
 
<<2016年8月>>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事

あざ治療の専門クリニック 西堀形成外科 医療レーザー脱毛ImgLS5.jpg

このブログを購読

Copyright © 2014 西堀形成外科 All Rights Reserved.