あざのレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科 名古屋

「あざ治療専門医」の「生まれつきあざ」があっても大丈夫!ブログ|運営 西堀形成外科

日焼け止めと抗炎症軟膏剤 どう使い分けたらいいの?【よく聞かれるシリーズ①】

2017/03/18

「炎症を抑える軟膏剤を出されて塗れといわれました、でも日焼けもだめだから日焼けどめぬれといわれました。どうしたらいいんですか?」
 
「いま レーザー後でキズは乾きましたがまだ少し赤い状態です。炎症をおさえるためにステロイド剤や保湿剤をぬりましょう」
「しかし昼間は紫外線予防して欲しいので紫外線予防クリームをつけてください」
 
「同時にはぬれませんので昼間は日焼け止め中心で,夜間は炎症をおさえる外用剤をぬってください」
 
院長 平成29年3月18日(土)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
生まれつきあざ 赤ちゃんのあざ 治らないあざ 
レーザー・あざ治療・赤あざ 青あざ 茶あざ 黒あざ あざ 
レーザー治療のご相談

名古屋のあざ治療・レーザー治療のご相談は西堀形成外科・麻酔科・皮膚科へ!

西堀形成外科・麻酔科・皮膚科は、名古屋駅から東山線、藤が丘駅より
徒歩1分です
(052)769-4800

プロフィール

 48歳 男性 
趣味:読書(歴史文学、現代史、戦国史)学生時代は野球部、91医歯薬リーグ首位打者。今一番行きたいのは遊園地、娘とダンボに乗るのが大好きです。最近やりたいのは元上司・教授に勧められたうどん打ち、ですが全然時間がありません。
 
<<2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事

あざ治療の専門クリニック 西堀形成外科 医療レーザー脱毛ImgLS5.jpg

このブログを購読

Copyright © 2014 西堀形成外科 All Rights Reserved.