あざレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科

あざ治療の専門クリニック

052-769-4800│お問い合わせ・ご予約は今すぐコチラ

  • Webお問い合わせ
  • Web初診予約
  • Web再診予約
  • HOME
  • 茶あざ(扁平母斑)の治療

茶あざの治療とは

nishihori.gif

 

茶あざとは、一般的に扁平母斑(へんぺいぼはん)茶あざと呼ばれます。
扁平母斑は、ほくろのように皮膚から盛り上がることはありません。
そのために盛り上がりの無いあざと言う意味で扁平と呼ばれています。

多くは生まれつきで発症することが多いですが、中には思春期になってから発症する場合もあります
(遅発性扁平母斑)。

 

また、コーヒーの様な黒さでなく、ミルクコーヒーに似た色のあざでカフェオレ班とも呼ばれます。

通常は茶色のあざですが、茶色のアザの中に直径1mm程度の小さな黒い点が混在することもあります。
思春期になって発生する場合には毛が同時に生えてくる場合が多くあります。

 

肩に出来た発毛性の遅発性扁平母斑はベッカー母斑と呼ばれています。

先天性、遅発性の扁平母斑とも、悪性化することは、通常ありません。

茶あざは、本来の扁平母斑や色素性母斑、ベッカー母斑など成り立ちや性状が違うものが含まれますので成長と共に変化する皮疹が多いです。

 

 

治療法

扁平母斑は悪性化することは、まずありません。

そのために、治療の中心は見た目を良くすることにあります。

扁平母斑の治療は、まずレーザー治療から始めます。

レーザーの長所は治療を行った部位に、キズが出来づらいことです。

しかしながら効率としては100%ではなく、再発がとても多いあざです。

0歳での治療では著効率は5~6割程度ですが、成人では約20%程度とかなり治療成績に差が出てしまいます。

 

早期の治療開始が望ましいあざです。
扁平母斑に使用されるレーザーはルビーレーザー、Qスイッチ付きルビーレーザーです。

扁平母斑の方が見えたら、まずレーザー治療を行い、有効である方は、薄くなるまで治療を行います。

まだら感が残ることもありますが、ここからは根気よくレーザーを照射することで薄くなり目立ちにくくしてゆきます。

難治性の場合や効果が得られにくい場合は複合的に多種のレーザーを同時照射するなどして個人にあわせてオーダーメイド治療を行います。

30年前の治療はドライアイスや液体窒素を使用した治療が中心でした。

扁平母斑の方がみえたら、まずその一部にドライアイス治療を行い、効き目がありきれいになることを確かめてから本格的治療を開始していました。

ドライアイス治療を行うと、一時的にきれいになりますが、半年ぐらい経過すると茶色が再発してくる場合が多々あります。

そのため、テスト治療を行ってから、半年待ってきれいになる方だけに治療をしていました。

効果が無い方で、小さな扁平母斑の場合には、手術を行っていました。

レーザーが登場して、扁平母斑の治療は様変わりしました。

その後、20年近くが経過しましたが、治せる茶あざとそうでないものがはっきりしてきました。

しかしこれといった的確な診断・治療法はいまのところ判然としていません。(当院データ2015)

茶あざは、本来の扁平母斑や色素性母斑、ベッカー母斑など成り立ちや性状が違うものが含まれますので治療経過が違ってくることも多いので レーザー治療に一工夫せねばなりませんし、手術療法も検討せねばなりません(201603)


治療により期待される結果

残念ながら全ての方にレーザーが有効ではありません。

著効率としては100%ではなく、再発がとても多いあざです。

0歳での治療では著効率は5~6割程度ですが、成人では約20%程度とかなり治療成績に差が出てしまいます。

できるならば、0歳児のそれも生後早い時期の治療開始が望ましいあざです。

2011年から1年早期に治療を行ってかなりの数が改善されました。6,7割の有効率です。

思春期になって発生する遅発性扁平母斑では、多くの方に効果を認めます。

先天性の扁平母斑では、成人の場合でレーザーが効くのは稀で、再発を高率に認めます。

しかし、小児にレーザー治療を行うと、効果を認めることが多くなります。

症例1) 0歳 男児 Qルビーレーザー照射、合計3回。あざの遺残無し。

hen2.bmp


症例2)1歳 男児 qスイッチルビーレーザー 2回で消退、現在再発をチェックしている

123.bmp

http://www.aza-nishihori.com/blog/105/index_26.html

症例3) 25歳 女性 qスイッチルビーレーザー 合計 8回照射。少し色素が遺残しているが
ファンデーションで隠すことが出来る

扁平母斑 ほほ 000004.JPG   → WS000005.JPG 

症例4) 1歳 生まれつきの茶あざ レーザー治療 一度レーザー後濃い色調になったが 回数を重ねてうすくなっていまでは分からないぐらいです。
WS000086.jpg











http://www.aza-nishihori.com/blog/105/index_3.html

症例5)
濃い色調の右顎の茶あざ qスイッチルビーでレーザー治療で著効しました
WS000250.JPG








http://www.aza-nishihori.com/blog/105/index_6.html

症例6)
左下腿の茶あざ 綺麗になりましたが紫外線予防はしっかりと必要です
WS000028.jpg











http://www.aza-nishihori.com/blog/105/index_9.html
症例7)
左顔面~首にかけての大きな茶あざ 目立ちにくくなりました
WS000137-thumb-672x259-456.jpg

http://www.aza-nishihori.com/blog/105/index_11.html
症例8)
左下肢の広範囲茶あざ 白抜けしましたが徐々に綺麗になっています
WS000282.jpg
http://www.aza-nishihori.com/blog/105/index_15.html


症例9)
右肩の茶あざ 輪郭が正でまんまるな感じのアザでした。
ぎざぎざしている方がレーザーの反応が良いと感じていますがこの症例は
綺麗にレーザー治療が出来たと思います。
WS000026.JPG













http://www.aza-nishihori.com/blog/105/index_2.html


症例9)
ねっとりした茶あざです。回数はかかりましたが上手くうすくできました。
レーザーで取れなければ切除ですがレーザーでうすくできました。
WS000031.JPG









有効率を高めるために、皮膚が薄い0歳児からレーザー治療を行う病院が増えてきました。

生まれつきあざがある場合には、早めに専門医に相談することをお勧めします。

(参照:社団法人日本形成外科学会)


患者様の声

●愛知県西尾市、1歳
生後3カ月より西堀形成外科でお世話になりました。
茶色であざ自体はとても小さかったのですが、一度気になるとすごく気になってくるような濃さで、レーザーをやるかどうかとても悩みました。
やはり、おさえつけでやるのは罪悪感があり、かなり泣くのでその度に胸がくるしくなりました。
レーザー治療中、先生方がとても優しくしてくださりとても安心しました。
治療を終えてやはり治療してよかったと思っています。
悩む前に一度診てもらい判断したほうがいいと思います。
子どもが女の子ということもありましたので、綺麗になって本当に良かったです。
皆様お世話になりました。ありがとうございました。(お母様より)

●愛知県名古屋市、3歳
赤ちゃんの頃から気になっていた茶あざ。しかし、お腹ということもあり、気になりながらも2歳になってしまいました。たまたま市内の個人病院であざの治療をされている病院を知り、お世話になることにしました。先生は優しい雰囲気でありながらも、しっかり的確に症状や治療方針を説明してくださりとても信頼できました。女性スタッフの皆様もとても感じよく、安心して通院することができました。今日で卒業となります。今までお世話になり、ありがとうございました。(お母様より)

●三重県志摩市、3歳
他院では限界があり、レーザーをあてたものの結局また元に戻ってしまいました。
こちらで診ていただくようになり、長い期間をかけて丁寧に診ていただき、だんだんあざが薄くなってきているのを実感でき嬉しい思いでいっぱいです。(お母様より)

●愛知県安城市、3歳
出産した直後、わが子のおでこにあざがあってとてもショックでした。
出産した総合病院に相談しても積極的な治療を勧められず、逆に小さな子供にレーザー治療するなんて母親のエゴではないのか?みたいなことも皮膚科の先生にいわれ、「女の子なのに…」と日々悩んでおりました。
そんな時に愛知医大を勧められ西堀先生と出会いました。西堀先生からは生まれてすぐからでも治療できたことを教えて頂き、その後の治療であざがどんどん薄くなっていきました。生まれてから半年近くのわが子の写真を見るともっと早く病院に通っていたら、あざの目立たない写真だったのになぁと思う時もあります。治療中は子供が泣くのでつらい時もありました。でも3年弱通いましたが、今ではあざがほとんど消えて先生方には感謝しております。
ありがとうございました。(お母様より)

●愛知県名古屋市、3歳
茶あざで近所の小児科に相談して、西堀先生を紹介していただきました。
高速道路を使い、娘が泣くこともわかって通院するのは大変ですが、肌が少しずつキレイになっていくのを見るとお願いして良かったな♡と思います。(お母様より)


あざ治療に関する疑問や不安、費用など、どんなことでもご相談ください

tel0001.png

HOME  ●あざの基礎知識  ●あざ治療の流れ  ●ドクター紹介  ●アクセス

 

ご予約はお電話、もしくは下記の「Web初診予約」「Web再診予約」からどうぞ 

conta0003.png yoya0001.png sai0002.png
Copyright (C) 2012 西堀形成外科 All Rights Reserved.