名古屋のあざ治療のご相談は西堀形成外科

長久手本院・タワーズ院(名駅) ご予約・お問い合わせ
HOME > 青色母斑
青色母斑とは
青あざの一種である青色母斑は通常のほくろよりも全体に青色が強いタイプのあざです。
通常のものは、10mm以下で少しだけ皮膚から盛り上がっているタイプで、触ると硬い感触がします。
顔面、手背、足背部などに多く発生します。

まれにかなり大きくなり(細胞増殖型青色母斑という)悪性化することもあるため注意が必要です。

また、メラノーマ(悪性黒色腫)や表皮性母斑と区別できない場合もありますので、そのような場合にも注意しながら、病院で専門医に診てもらうようにしましょう。

青色母斑という母斑の原因は、メラノサイトにあります。
通常、表皮にあるメラニンを生成するメラノサイトが、真皮の深い部分にあることで、青黒く見えてしまうのです。

青色母斑が多く見られるのは30歳頃からだとされています。

赤ちゃんにも幼児にも少なくはありません。

多い部分としては、顔・背中・手首・手の甲・足首・足の甲などがあります。

突然多く発生することはありません。
治療法
10mm以下の母斑の場合には、気にならなければ治療の必要はありません。
ただ、目立つ部分に現れる母斑なので、青色母斑が気になってしまうようなら、一度専門医にご相談ください。
先に述べたように悪性のものと区別がつかない場合もあるため、経過を見守ることも大切です。

手術の希望がございましたら摘出手術も可能です。
代表的な青あざの種類
あざの治療料金
基本的にはあざは保険適応にて治療可能です。
お子様は自治体によってご負担はありません。