名古屋のあざ治療のご相談は西堀形成外科

長久手本院・タワーズ院(名駅) ご予約・お問い合わせ
HOME > 赤あざの治療について
赤あざの治療について
赤あざは別名「血管腫」ともいい、皮膚の血管が拡張したり増えたりしてできるアザです。
生まれつきによるものと、生後しばらくしてから発症するなど発生する時期も様々ですが、生まれつき(先天性)の場合がほとんどです。
症状も、表面が平らになっているタイプと隆起するタイプのものなど様々です。
赤あざの代表的なものとして、いちご状血管腫、単純性血管腫、サーモンパッチ、毛細血管拡張症などがあります。

代表的な赤あざの特徴と治療法を掲載しておりますので、クリックして詳細をご覧下さい。
気になることがありましたらお気軽にご質問ください。
代表的な赤あざの種類
あざの治療料金
基本的にはあざは保険適応にて治療可能です。
お子様は自治体によってご負担はありません。