名古屋のあざ治療のご相談は西堀形成外科

長久手本院・タワーズ院(名駅) ご予約・お問い合わせ
HOME > 神経皮膚黒色症
神経皮膚黒色症とは?
神経皮膚黒色症は、巨大色素性母斑と脳脊髄の色素細胞の異常増殖を主症状とした母斑症です。

女性、男性共に発症し、体幹のおよそ二分の一程度に及びます。

上半身に母斑細胞母斑が広範囲にあるものは注意が必要です。

症状としては頭痛、嘔吐、運動障害、けいれん、意識混濁などの神経症状が見られます。
治療法
この疾患は広範囲にわたって色素の異常を生じるため、美容上の問題を考え誕生後早急な治療、フォローアップが必要となりますので、お早めにご相談下さい。
あざの治療料金
基本的にはあざは保険適応にて治療可能です。
お子様は自治体によってご負担はありません。