名古屋のあざ治療のご相談は西堀形成外科

長久手本院・タワーズ院(名駅) ご予約・お問い合わせ
HOME > 黒あざの治療
黒あざの治療について
黒あざと、メラニン色素が真皮内に増えて出来る色素異常です。

小さいものではほくろ、体の大部分を占める大きなものは、巨大色素性母斑と呼ばれています。

爪の下、指先、足の裏、手のひらなどにある黒あざは、まれに悪性化することがあるので注意する必要があります。

黒あざが発現する時期は、生まれつきによるものと生後1週間ほどしてから出るものと様々です。
黒あざの代表的なものは色素性母斑、母斑細胞性母斑(ホクロ)、巨大色素性母斑などがあります。

代表的な黒あざの特徴と治療法を掲載いたしましたので、下記画像をクリックしてご覧ください。

また、気になることがありましたらお気軽にお問合せください。
代表的な黒あざの種類
あざの治療料金
基本的にはあざは保険適応にて治療可能です。
お子様は自治体によってご負担はありません。