名古屋のあざ治療のご相談は西堀形成外科

長久手本院・タワーズ院(名駅) ご予約・お問い合わせ
HOME > あざ治療の流れ
あざ治療の流れ
1. カウンセリング
短時間で効果を発揮させるためには、まずお一人おひとりの症状やお悩みを詳しく把握する必要があります。
カウンセリングは治療を始める際の重要なポイントです。
医師が親身に症状の診断をします。
※未成年の方の当日施術は、保護者の方への説明と同意が必要なため、同意(サイン)が得られない場合は施術を致しかねます。
2. テスト照射
症状や肌の状態をよく見て、それに合わせたにレーザーを使用します。
(波長、強さなどを選びます)

テスト照射を行い、その効果を判断するのに1,2ヶ月待ってから治療回数、治療間隔、外用剤の併用等を決めていきます。

痛みを極力少なくするために麻酔のシール(ペンレス)を使用して30分から1時間待ってから行ったり、麻酔のクリーム(エムラクリーム)を塗布して30分から1時間後にレーザー治療を行います。
3. レーザー照射
麻酔が効いた後、レーザー照射を開始します。

レーザーは健康な皮膚にはほとんど損傷がなくホクロ・アザなどの疾患部にのみ作用します。
※照射時は、目を保護するためにアイマスクを着用して頂きます。
お子様の場合は目にシールを貼って保護を行います。
症状ごとの詳しい内容はこちら
赤あざの治療
青あざの治療
茶あざの治療
白あざの治療
黒あざの治療
4. 治療終了後のケア
レーザー照射部位に炎症を抑える軟膏を塗って保護を行います。
治療後約1週間は、軟膏を塗って治療部位をガーゼ等で覆います。

治療後はかさぶたができますが、自然にはがれ落ちるまで無理にはがさないでください。

日中は、日焼けに注意して下さい。
治療後は皮膚が乾燥しやすくなっているため、保湿を心がけて下さい。

入浴はあざの種類やレーザー治療の強さにもよりますが当日、擦り傷の状態で痛いようであれば翌日以降から可能です。

化粧はあざの部位は、傷が上皮化した後の約1週間から可能になります。
レーザー照射していなければ化粧をしてもかまいません。
あざの治療料金
基本的にはあざは保険適応にて治療可能です。
お子様は自治体によってご負担はありません。