名古屋のあざ治療のご相談は西堀形成外科

長久手本院・タワーズ院(名駅) ご予約・お問い合わせ
HOME > 白あざ(白斑症脱色素斑)
白あざ(白斑症脱色素斑)とは?
白あざ(白斑症脱色素斑)は、露出部位によく発生することから社会生活上の苦痛を伴うことが少なくありません。

皮膚病の中で最も治りにくい病気の一つですが、複合レーザー治療を行うことで、徐々に色を目立たなくすることができるようになっています。

白斑症脱色素斑は、先天的に色素が欠損している白皮症や後天的に発生する尋常性白斑などがあります。
皮膚の色であるメラニン色素を作っているメラノサイトが消失、あるいはメラニン色素生成の機能の停止によって発症します。
治療法
根本的な治療はいまだ確立されていないと言われていますが、当院ではエキシマ光線療法を採用しています。
(詳しくはこちら)

副腎皮質ホルモン外用や内服、PUVA療法などの紫外線治療、皮膚移植術が主に行われています。

現在ではエキシマライトやナローバンド療法によって症状が改善する例の報告も認められます。
あざの治療料金
基本的にはあざは保険適応にて治療可能です。
お子様は自治体によってご負担はありません。