名古屋のあざ治療のご相談は西堀形成外科

長久手本院・タワーズ院(名駅) ご予約・お問い合わせ
HOME > 異所性蒙古斑
異所性蒙古斑とは?
青あざの一種である蒙古斑は生後1週から1ヶ月ころまでに、青いシミがお尻や背中の下部にみられるもので、胎生期の真皮メラノサイトの残存と考えられています。

日本人にはほぼ100パーセントにみられ誰でも知っている「あざ」のひとつですが、5、6歳までに自然に消失しさほど問題にはなりません。

ところがまれに通常の部位以外にも蒙古斑がみられることがあり、これを異所性蒙古斑といいます。

異所性蒙古斑といえどもその大半は学童期までに薄くなっていきますが、色調の濃いものは大人になっても残ってしまいます。

幼時期で消えるかどうか心配な場合、衣服に隠れない露出部などは患者や親御さんの精神的苦痛を緩和するために治療の対象になることもあります。
治療法
異所性蒙古斑の治療はQスイッチルビーレーザーまたはQスイッチアレキサンドライトレーザーの照射を行います。

現在臨床ではQスイッチルビーレーザー、Qヤグレーザー、Qアレキサンドライトレーザーなどが用いられ、レーザーの種類により多少の効果や経過の違いが見られます。

いずれのレーザー治療も治療中は痛みを伴うため、麻酔シール、注射などを使用して痛みの緩和を行います。
稀に軽い色素沈着を残したり色素脱出をきたすこともありますが、治療は ほぼ100%うまくいきます。
代表的な青あざの種類
あざの治療料金
基本的にはあざは保険適応にて治療可能です。
お子様は自治体によってご負担はありません。