名古屋のあざ治療のご相談は西堀形成外科

長久手本院・タワーズ院(名駅) ご予約・お問い合わせ
HOME > 異所性蒙古斑
異所性蒙古斑とは?
青あざの一種である蒙古斑は生後1週から1ヶ月ころまでに、青いシミがお尻や背中の下部にみられるもので、胎生期の真皮メラノサイトの残存と考えられています。

日本人にはほぼ100パーセントにみられ誰でも知っている「あざ」のひとつですが、5、6歳までに自然に消失しさほど問題にはなりません。

ところがまれに通常の部位以外にも蒙古斑がみられることがあり、これを異所性蒙古斑といいます。

異所性蒙古斑といえどもその大半は学童期までに薄くなっていきますが、色調の濃いものは大人になっても残ってしまいます。

幼時期で消えるかどうか心配な場合、衣服に隠れない露出部などは患者や親御さんの精神的苦痛を緩和するために治療の対象になることもあります。
治療法
異所性蒙古斑の治療はQスイッチルビーレーザーまたはQスイッチアレキサンドライトレーザーの照射を行います。

現在臨床ではQスイッチルビーレーザー、Qヤグレーザー、Qアレキサンドライトレーザーなどが用いられ、レーザーの種類により多少の効果や経過の違いが見られます。

いずれのレーザー治療も治療中は痛みを伴うため、麻酔シール、注射などを使用して痛みの緩和を行います。
稀に軽い色素沈着を残したり色素脱出をきたすこともありますが、治療は ほぼ100%うまくいきます。
症例写真
左大腿部の異所性蒙古斑
はじめは押さえつけでレーザーを行いましたが 最後に一度全身麻酔で仕上げのレーザーをしています。
他院でレーザー治療をしていましたが、範囲が広いため中々治療が進んでいきません。当院に移ってからは毎月または2週間に一回で3ヶ月以内に同一部位は打たないように気を付けてレーザー照射をしました。 始め白抜けした感じもしていましたが 最後にはキレイになじみました。日焼け予防が重要です。
薄い異所性蒙古斑
一回でキレイです。白抜けは一次的なことですね。白抜けして1年、キレイになりました。
小さな異所性蒙古斑もきれいです。
上記の小さな異所性蒙古斑のお尻の蒙古斑が濃いですので遺残を危惧しました。レーザー治療でキレイです。
手背のうすい異所性蒙古斑でしたが1回でキレイになりました。あっても健康被害はないのですがきになれば早めにレーザー治療をすることをお勧めしています。もちろん紫外線予防はレーザーしてもしなくても必要です。目安はレーザー治療後1年ですね。
うすい手背の異所性蒙古斑
レーザーを行うとはやく薄くなります。レーザーをしなくても薄くなったかもしれませんが、紫外線予防に努めなければいけません。
濃い色調の蒙古斑、異所性蒙古斑。
おしりは出す場所じゃありませんが、濃い色調の青あざは是非レーザー治療をお勧めします。成人になってからレーザーの相談をされる方も多数お見えになります。
施術名 Qスイッチレーザー(アレキサンドライト、ルビー)
施術の説明 Qスイッチレーザーを照射します。
施術の結果 色調の消退については年齢、個人差があります。
施術の副作用
(リスク)
やけど、水ふくれ(数日から数週間)
色素沈着
白抜け(治療後周りの皮膚より白くなるが数年で改善)
まだら感(あくまで治療過程のみ、いずれ改善)
施術の料金 保険適応
代表的な青あざの種類
あざの治療料金
基本的にはあざは保険適応にて治療可能です。
お子様は自治体によってご負担はありません。