名古屋のあざ治療のご相談は西堀形成外科

長久手本院・タワーズ院(名駅) ご予約・お問い合わせ
HOME > 茶あざ(扁平母斑)の治療
茶あざの治療とは
茶あざとは、一般的に扁平母斑(へんぺいぼはん)茶あざと呼ばれます。
扁平母斑は、ほくろのように皮膚から盛り上がることはありません。
そのために盛り上がりの無いあざと言う意味で扁平と呼ばれています。

多くは生まれつきで発症することが多いですが、中には思春期になってから発症する場合もあります(遅発性扁平母斑)。

また、コーヒーの様な黒さでなく、ミルクコーヒーに似た色のあざでカフェオレ班とも呼ばれます。

通常は茶色のあざですが、茶色のアザの中に直径1mm程度の小さな黒い点が混在することもあります。
思春期になって発生する場合には毛が同時に生えてくる場合が多くあります。

肩に出来た発毛性の遅発性扁平母斑はベッカー母斑と呼ばれています。
先天性、遅発性の扁平母斑とも、悪性化することは、通常ありません。

茶あざは、本来の扁平母斑や色素性母斑、ベッカー母斑など成り立ちや性状が違うものが含まれますので成長と共に変化する皮疹が多いです。
治療法
扁平母斑は悪性化することは、まずありません。
そのために、治療の中心は見た目を良くすることにあります。
扁平母斑の治療は、まずレーザー治療から始めます。
レーザーの長所は治療を行った部位に、キズが出来づらいことです。
しかしながら効率としては100%ではなく、再発がとても多いあざです。
0歳での治療では著効率は5~6割程度ですが、成人では約20%程度とかなり治療成績に差が出てしまいます。

早期の治療開始が望ましいあざです。
扁平母斑に使用されるレーザーはルビーレーザー、Qスイッチ付きルビーレーザーです。
扁平母斑の方が見えたら、まずレーザー治療を行い、有効である方は、薄くなるまで治療を行います。

まだら感が残ることもありますが、ここからは根気よくレーザーを照射することで薄くなり目立ちにくくしてゆきます。
難治性の場合や効果が得られにくい場合は複合的に多種のレーザーを同時照射するなどして個人にあわせてオーダーメイド治療を行います。
30年前の治療はドライアイスや液体窒素を使用した治療が中心でした。
扁平母斑の方がみえたら、まずその一部にドライアイス治療を行い、効き目がありきれいになることを確かめてから本格的治療を開始していました。
ドライアイス治療を行うと、一時的にきれいになりますが、半年ぐらい経過すると茶色が再発してくる場合が多々あります。
そのため、テスト治療を行ってから、半年待ってきれいになる方だけに治療をしていました。
効果が無い方で、小さな扁平母斑の場合には、手術を行っていました。
レーザーが登場して、扁平母斑の治療は様変わりしました。

その後、20年近くが経過しましたが、治せる茶あざとそうでないものがはっきりしてきました。

しかしこれといった的確な診断・治療法はいまのところ判然としていません。(当院データ2015)

茶あざは、本来の扁平母斑や色素性母斑、ベッカー母斑など成り立ちや性状が違うものが含まれますので治療経過が違ってくることも多いので レーザー治療に一工夫せねばなりませんし、手術療法も検討せねばなりません。
治療により期待される結果
残念ながら全ての方にレーザーが有効ではありません。
著効率としては100%ではなく、再発がとても多いあざです。
0歳での治療では著効率は5~6割程度ですが、成人では約20%程度とかなり治療成績に差が出てしまいます。
できるならば、0歳児のそれも生後早い時期の治療開始が望ましいあざです。

2011年から1年早期に治療を行ってかなりの数が改善されました。6、7割の有効率です。
思春期になって発生する遅発性扁平母斑では、多くの方に効果を認めます。
先天性の扁平母斑では、成人の場合でレーザーが効くのは稀で、再発を高率に認めます。
しかし、小児にレーザー治療を行うと、効果を認めることが多くなります。
あざの治療料金
基本的にはあざは保険適応にて治療可能です。
お子様は自治体によってご負担はありません。