名古屋のあざ治療のご相談は西堀形成外科

長久手本院・タワーズ院(名駅) ご予約・お問い合わせ
HOME > あざ治療のQ&A
あざ治療のQ&A
質問1:あざの治療は痛いの?
何もなく突然レーザーを照射しますと輪ゴムではじかれた様な痛みがあります。
痛みに弱い方はご相談下さい。
お子様・痛みに弱い方には、痛みの軽減・消失のために麻酔シール「ペンレスⓇ」の処方をいたします。
0歳時でペンレスシールⓇ 2枚 が許容範囲です。それ以上の保険適応はございませんのでご相談ください。
場合によっては、麻酔のクリームを使用したり、麻酔の注射を使用したりします。
質問2:どの様にしてレーザーを照射しますか?
乳幼児の場合は、抑制体などの固定器具によって身体が動かない様にしてレーザーを使用します。
お子様が動いてしまうと、目的の場所にレーザーが当たらず誤照射する危険があります。
医師 看護師 助手などで押さえますが、時にはお母様 お父様にも手伝っていただくことがあります。
ご協力をお願いいたします。
質問3:レーザー照射の危険はありますか?合併症は?
レーザー照射はレントゲンの様に被爆しません。全身に対する影響もありませんが 直接レーザー光を見ないようにゴーグル、サングラスをかけていただきます。
レーザー後は軽いやけどになります。完全に上皮化する(皮膚が乾く)のに1から2週間かかります。
質問4:予防接種は打ってもいいですか?
レーザーは打つ日の前後1週間は控えてください。
全身麻酔を受けられる方は全身麻酔予定日の前1ヶ月と全身麻酔後2週間は控えてください。
質問5:レーザー後、水ぶくれになった。どうしたらいいですか?
レーザー後はヤケドの状態になりますので水ぶくれになることは、よくある症状です。
処方された軟膏を多めに塗り、ガーゼ等で保護して様子をみてください。ご心配な場合はご連絡ください。