名古屋のあざ治療のご相談は西堀形成外科

長久手本院・タワーズ院(名駅) ご予約・お問い合わせ
HOME > サーモンパッチ
サーモンパッチ
赤あざの一種であるサーモンパッチは乳児のおでこの真ん中や眼の上や上口唇などにできるあざで、新生児の約30%にみられます。

圧迫すると一時的に色が消えることが特徴です。
小児が力んだり、泣いたりすると、赤あざが濃く見えることがあります。

ほとんどの場合が1歳から1歳半くらいまでに自然に薄くなってきます。

消えるかどうか不安があったり、1歳を過ぎても消えないという時には専門医に診てもらうことをお勧めします。
成人までサーモンパッチが残ってしまう場合で多いとされるのが、眉間から額にかけて母斑が広がっているというケースで、患者様のご希望に合わせてレーザー治療を行います。
症例写真
6ヶ月時初診
vビームレーザー2回照射
1歳でほぼ薄くなった。
新生児時初診
2歳で完全に薄くなった。
1才検診時に当院を紹介。
2回で綺麗になりました。
1才のサーモンパッチ
3回のレーザーで綺麗になりました。
施術名 V ビームレーザー
施術の説明 いちご状血管腫、単純性血管腫に対してVビームレーザーを照射します。
施術の結果 血管腫の退縮には個人差があります。
施術の副作用
(リスク)
一時的に皮膚が赤くなります。(翌日には引きますが、数日残る方もいます。)
皮膚にむくみが生じることがあります。
紫斑が出ることがあります。
炎症後色素沈着ができることがあります。
施術の料金 保険適応
代表的な赤あざの種類
あざの治療料金
基本的にはあざは保険適応にて治療可能です。
お子様は自治体によってご負担はありません。