名古屋のあざ治療のご相談は西堀形成外科

長久手本院・タワーズ院(名駅) ご予約・お問い合わせ
HOME > 苺状血管腫
いちご状血管腫とは?(乳児血管腫)
赤あざの一種であるいちご状血管腫は、未熟な毛細血管の増殖により起こるできものです。

生まれつきのあざではなく、生後すぐ、あるいは生後数週以内に発症することが多く、表面が苺状に赤く盛り上がり、急速に大きくなります。
その後は数年かけて徐々に赤みが抜け、退縮します。

からだの表面のどこにでも見られますが、顔に多く、大多数のものが局面型、腫瘤型を示します。
昔は自然治癒するため、経過観察をする事が当たり前でしたが、大きくなってしこりや跡を残す例もあります。

多くの患者様が0歳での色素レーザー照射を行います。

また、深在型では、皮膚より深部にあるため、表面に異常が無く濃い青色を呈します。

大きさは、数ミリの小さなものから、顔の半分以上を覆い、眼を開くことができないほど大きなものまであります。

生後3~7ヵ月頃に著しく増大して、大きなものではできた部位により視力障害、呼吸困難、開口障害、難聴など機能障害を起こしたり、局所に潰瘍 を形成したり、出血を繰り返すような特殊なものもあります。

このような場合には、積極的な治療が必要です。扁平型は時間がかかりますが、自然治癒します。

2歳頃から退縮が始まり、5歳までに50%、7歳までに75%の苺状血管腫が自然に治癒すると言われています。

一部は退縮が不十分で跡が残ってしまうことがあります。
自然に色調が治っても、表面のでこぼこや色が白く抜けたり、隆起やしわ・たるみを残したり不自然な外観を呈することがあります。
治療法
経過観察で自然治癒を待つのかレーザー治療を行なうかは、診察を行ない判断します。

機能的な問題が起こりそうな部位 たとえば 眼瞼 口周り 鼻部は ステロイドの注射や最新治療であるプロプラノロールの内服なども検討しながらレーザーを行ったりします。※1

レーザー治療の場合は、基本的に3か月に1回、レーザー照射します。症例によっては1、2ヶ月に1回レーザー治療を行います。レーザー治療すると以下の様な治療効果が得られます。

早期レーザー治療を始めると 生後6ヶ月目まではレーザーvs血管腫の綱引きでそれを過ぎるとレーザーの効果が顕著になってきます。かといって6ヶ月前にやらないのではなくある程度の増殖は抑えますので治療効果があると考えています。
※1 プロプラノロール内服治療とは?(一般名βブロッカー)
乳児血管腫(いちご状血管腫)の最新治療です。
不整脈を治す飲み薬で、いちご状血管腫(乳児血管腫)を治していきます。
当院は大学や市民病院とタイアップして、βブロッカー内服治療をしながら レーザー治療併用を行い乳児血管腫を2歳までに小さくする、薄くする治療を試みております。
早、5年程度の経過をみる患者様もふえてきまして確立された治療となりました。
未だご存じない患者様は、当院にご予約ください。
レーザー治療の流れ
1. レーザー照射 1~2時間前に麻酔シールを貼ります。
2. レーザー後は軽いやけど状態になります(外用剤を乾くまで塗布してください)。
3. 外用剤による処置を約1週間程度行っていただきます。
4. 継続的な治療により、ある程度あざが薄くなったら治療完了です。
5. 自然経過で肌に馴染んでゆくのを待ちます。
治療期間の目安
3クールから6クール以上
治療間隔
基本的に3ヶ月に1回(状態により1,2ヶ月に一回)
治療により期待される結果
自然治癒を期待して経過観察する事もありますが、現在では多くの施設が色素レーザー治療を行います。
レーザー治療をすると早く退色し、増大しないで治癒する症例がみられるとの報告もあります。
症例写真
局面型
腫瘍型
皮下型
局面の扁平形 レーザー5回照射
3ヶ月おきにきれいになりました。
大きめの苺状血管腫
レーザー11回 2,3ヶ月おき、2歳6ヶ月にはきれいに消退しました。
比較的大きい濃いめの局面型
0歳時にレーザー開始、照射回数8回。
現在5歳の左鎖骨下部の苺状血管腫の痕跡。
上口唇のいちご状血管腫
ステロイド注射1回のちレーザー照射6,7回で小さく薄くなった。
初診時6ヶ月、1~3ヶ月に1回 合計5回。
Vビームレーザーを行い、1歳4ヶ月時にはいちご状血管腫は消失しました。
いちご状血管腫の局面型 比較的盛り上がりが少なく 平坦隆起で良いレーザーの適応です。確かに薄くそのまま何もしなくても消えてしまったというかたも話を聞きます。とくに露出部でなければいいでしょう。しかしすこし遺残してしまうこともあります。個人的にはお悩みは早く解消することが良いことだと考えています。
左ほほの症例
生後1歳からレーザースタート(早期レーザーにはコツがいります)
毎月又は2ヶ月に1回。初めは頻度を多くレーザーしますが、あまり強いフルエンスではうちません。症例は1歳時にはきれいになりました。
0歳3ヶ月より
v色素レーザー開始して2歳過ぎにはほぼ薄くなりました。
現在4歳ですが 全然色がわかりません。レーザーしなくてもうすくなったかもしれませんが、薄くなる前親御さんはとてもお悩みになったかもしれません。
3歳になり、いちご状血管腫のレーザー治療を卒業できた患者様がおみえになりました。
初めは局面型とはいえ、すこしぶよぶよと盛り上がっており、レーザーをした方がいいと思われる症例でした。
2ヶ月目から開始して、まずは毎月~2ヶ月に一回レーザーを6ヶ月以上継続、以後漸減、3ヶ月から4ヶ月となっていきました現在3歳過ぎて綺麗になっています。もちろんもうレーザーはいりませんね。
症例は皮下型
レーザー照射とステロイドの適宜局注を行い治療を継続しました。
3年程度かかりましたが、小さくなって今では問題なく人からも気づかれない様です。
治療の判断は、積極的に行うか、保存的に経過見るか迷うところですが、本症例はうまく小さくなってよかったです。
毛髪部分の生え際の乳児血管腫 いちご状血管腫
レーザー治療です。
毛根を傷つけるので慎重にレーザー照射をせねばなりません赤あざを早く薄くするよりも、徐々に血管を減らすイメージでレーザー照射すると上手くいきます。
初診時のphotoはありませんでしたが良好な経過です。
レーザー治療を開始することによってスピードはやく消退、薄くなり、きえてしまうかもしれません。
5,6歳の就学期直前に「赤いこれがきになる」とお子様に言われたときはなかなかレーザー治療に踏ん切るのも、その子のキャラクターによって困難なこともあります。
当院の方針は、気になったらレーザー治療をおこない、早期に悩みを改善させることをアドバイスさせていただいています。
開始3ヶ月でした。9ヶ月目には薄く消え去ったようです。
頭皮内のいちご状血管腫。
生まれた直後から赤い斑点が大きくなってみるみる赤くいちごのようにふくれたようです。
毛根を痛める恐れがありましたが、レーザーはやや低出力でおこない、赤みも膨らみも小さくでき、毛根もご覧のとおり問題なく2歳をむかえられます。
レーザー始めは1ヶ月おき、6・7ヶ月過ぎて3ヶ月おきにスパンを拡大してレーザー照射しました。
レーザーしなくてもうすくなったかもしれませんが、2歳時にはこんなに膨らみの減量、色調の改善はみられなかったと思います。
右眼瞼外側のいちご状血管腫、生後一ヶ月目からレーザー照射した患者様です。
完全に血管をなくすまで3歳すぎまでかかりましたがとてもキレイになりました。完全になくさないのであれば2歳すぎにはほとんどなおっていました。
腹部の局面型です。
すこし盛り上がり気味のいちご状血管腫 乳児血管腫です。
色調改善後に不自然な外観を残すことがあります。
不自然な外観を残した場合には手術を行います。
外観を改善するための手術では、特に治療時期は決まっていません。
(参照:社団法人日本形成外科学会)
施術名 V ビームレーザー
施術の説明 いちご状血管腫、単純性血管腫に対してVビームレーザーを照射します。
施術の結果 血管腫の退縮には個人差があります。
施術の副作用
(リスク)
一時的に皮膚が赤くなります。(翌日には引きますが、数日残る方もいます。)
皮膚にむくみが生じることがあります。
紫斑が出ることがあります。
炎症後色素沈着ができることがあります。
施術の料金 保険適応
代表的な赤あざの種類
あざの治療料金
基本的にはあざは保険適応にて治療可能です。
お子様は自治体によってご負担はありません。