あざレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科

あざ治療の専門クリニック

052-769-4800│お問い合わせ・ご予約は今すぐコチラ

  • Webお問い合わせ
  • Web初診予約
  • Web再診予約
  • HOME
  • スタージウェーバー症候群

スタージウェーバー症候群とは?

nishihorim.gif

スタージウェーバー症候群は脳内に血管腫ができ、下記の症状が現れるものをこの病名で呼びます。

 

症状としては3種類に分類されます。


1「血管腫」

2「片麻痺・片側のけいれん発作」

3「牛眼あるいは緑内障」

 

血管腫は境目のはっきりした盛り上がり見られず、生まれたときから顔面に見られます。

 

中枢神経症状は、多くの場合、痙攣発作が乳幼児期に見られます。

また知能障害や石灰化、大脳半球萎縮なども見られます。

その他、片麻痺を認めることもあります。

また牛眼を招き、失明に及ぶこともあります。


原因はハッキリとしたことは分かっていませんが、血管発生異常によるものではないかと指摘されています。

これは胎生期において交感神経障害を引き起こすことによって生じるもので、スタージウェーバー症候群は先天性疾患となります。

しかし、遺伝性は否定されています。

治療は専門医に相談のうえ、なるべく早く行うことが必要です。

 

 

治療法

脳内の血管腫の存在によって痙攣発作が起きるため、薬物治療が必要な事があります。


経験のある小児科への受診が必要です。

 

レーザー療法は、顔面血管腫に適用されます。

こちらは形成外科または皮膚科での治療となります。

また、緑内障の確認のため、眼圧を検査する必要があります。

 

定期的な眼科検診も必要になります。

 

このように複数の専門医師への通院が必要です。


あざ治療に関する疑問や不安、費用など、どんなことでもご相談ください

tel0001.png

HOME  ●あざの基礎知識  ●あざ治療の流れ  ●ドクター紹介  ●アクセス

 

ご予約はお電話、もしくは下記の「Web初診予約」「Web再診予約」からどうぞ 

conta0003.png yoya0001.png sai0002.png
Copyright (C) 2012 西堀形成外科 All Rights Reserved.