あざレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科

あざ治療の専門クリニック

052-769-4800│お問い合わせ・ご予約は今すぐコチラ

  • Webお問い合わせ
  • Web初診予約
  • Web再診予約
  • HOME
  • 巨大色素母斑

巨大色素性母斑とは?

nishihorim.gif

 

黒あざの一種である巨大色素性母斑は「獣皮様母斑」や「水着様母斑」とも呼ばれることがあります。


生まれつき現れている母斑で、20cm以上の色素性母斑のことを指します。

巨大色素性母斑の原因はメラニンを作るメラノサイトの機能を持った母斑細胞が病変に集中してしまっていることにあります。

 

特徴としては身体中のどこにでもできるということがあります。 

 

この種類の母斑は、稀に悪性の変化の可能性があるため治療に際しては細心の注意を払う必要があります。

 

 

治療法

治療法としては、母斑組織の黒い色調を正常な皮膚の質感に近づける整容的な面と、悪性化のリスクを少なくする面を考慮して進めます。

深部まで組織を採取すれば悪性化のリスクは減少しますが、見た目が悪くなってしまうこともあります。

 


治療としてはまずレーザー治療にて整容面の改善と患部の縮小を行い、その上で残ってしまう部分は手術的に切除していく方針をとっています。



巨大な母斑の場合は分割切除や組織拡張器などの方法を駆使し、切除して1本の縫合線として治すのが整容的には最も満足のゆくものになると思われます。

しかし、過剰な切除・縫縮は長期的に骨格の成長に影響を及ぼすという意見もあり、縫合できるからといって幼少期に無理に皮膚を切除しすぎるのは避けたほうが良いと考えられます。


巨大色素性母斑の組織には、器械を使って引っ掻くと自然に剥がれる層が皮膚の上方に存在します。

全身麻酔下に器械を用いて病変部を掻爬(そうは)すると、この色素を含んだ皮膚の浅層が剥がれてきます。

この方法をキュレッテージといいます。

 

キュレッテージ後の皮膚の中には毛根が残存しますので、植皮をすることなく、約2週間で自然に傷が治ります。

キュレッテージは手術的に簡単な方法ですが、ほとんどの色調が軽減する症例が存在する反面、黒色の色調が取れるものの灰色の色調が残存する症例、まったく効果がない症例、色調が一度は軽快するが早期に再発する症例など、反応がさまざまです。


当院ではキュレッテージの身体的な負担を考え現在はおこなっておりません。

レーザー治療を複合的に行う事で同等の効果を得られると経験上考えています。


巨大色素性母斑のレーザー治療には、これまでルビーレーザー、 Qスイッチルビーレーザー、Er:YAGレーザー、CO2レーザーと、これらレーザーのいくつかの組み合わせが報告されていて、それぞれ一長一短があります。

 

いずれも一度の治療ではうまく色が取れないことが多いので、複数回の治療を必要とします。

母斑細胞が皮膚の深くにまで至っている場合は、かなり根気よく治療を繰り返さなくてはなりません。


 

代表的な黒あざの種類

ImgTop13.jpg hokuro.jpgのサムネール画像 ImgTop15.jpg                         


あざ治療に関する疑問や不安、費用など、どんなことでもご相談ください

tel0001.png

HOME  ●黒あざの治療  ●あざ治療の流れ  ●ドクター紹介  ●アクセス

 

ご予約はお電話、もしくは下記の「Web初診予約」「Web再診予約」からどうぞ 

conta0003.png yoya0001.png sai0002.png

Copyright (C) 2012 西堀形成外科 All Rights Reserved.